古より伝わる美才豊かな日本人の知恵 二十四節気



夏の立つがゆへ也
この日から立秋の前日までが夏。
野山に新緑に彩られ、夏の気配が感じられるようになる。
かえるが鳴き始め、竹の子が生えてくる頃。


立夏(りっか)の時期にお出しするお品は えんどうまめの葛ひき。

えんどうまめの鮮やかな緑色の彩りを葛のつややかさが包み込んで、清々しい初夏の訪れを感じさせます。




※二十四節気とは
二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。

 

※暦便覧について
二十四節気の説明の中で引用している「暦便覧」とは、太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版されたものです。