古より伝わる美才豊かな日本人の知恵 二十四節気



日天の中を行て昼夜等分の時也
この日をはさんで前後7日間が彼岸。
花冷えや寒の戻りがあるので暖かいと言っても油断は禁物。
昼夜の長さがほぼ同じ頃であり、この後は昼の時間が長くなって行く。



春分(しゅんぶん)の時期にお出しするお品は 鯛の昆布じめ。

この時期に捕れる鯛を桜鯛といい、産卵期で身に脂が乗っており鯛がもっともおいしい時期となります。




※二十四節気とは
二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。

 

※暦便覧について
二十四節気の説明の中で引用している「暦便覧」とは、太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版されたものです。