古より伝わる美才豊かな日本人の知恵 二十四節気



冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也
一年で一番寒さの厳しい頃 。
逆の見方をすれば、これからは暖かくなると言うことである。
春はもう目前である。


大寒(だいかん)の時期にお出しするお品は 蕗の薹の味噌和え。

蕗の薹がそっと雪の間から蕾を出す時期となります。早春の香りを感じていただる一品です。




※二十四節気とは
二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。

 

※暦便覧について
二十四節気の説明の中で引用している「暦便覧」とは、太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版されたものです。