古より伝わる美才豊かな日本人の知恵 二十四節気



雪いよいよ降り重ねる折からなれば
朝夕には池や川に氷を見るようになる。
大地の霜柱を踏むのもこの頃から。山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。


大雪(たいせつ)の時期にお出しするお品は おかぼだき。

京都ではカボチャのことをおかぼといいます。
夏に収穫し貯蔵することにより甘みが増し美味しくなるので、 この時期が旬であると言えます。




※二十四節気とは
二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。

 

※暦便覧について
二十四節気の説明の中で引用している「暦便覧」とは、太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版されたものです。