古より伝わる美才豊かな日本人の知恵 二十四節気



陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也
空から降るものが雪から雨に替わる頃、深く積もった雪も融け始める。
春一番が吹き、九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始める。


雨水(うすい)の時期にお出しするお品は おてっぱい。

てっぱいとは2種類の貝と分葱を酢味噌和えのたお料理。桃の節句にお出しするお料理となります。




※二十四節気とは
二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。

 

※暦便覧について
二十四節気の説明の中で引用している「暦便覧」とは、太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版されたものです。