古より伝わる美才豊かな日本人の知恵 二十四節気



冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也
この日から立春の前日までが冬。日は短くなり時雨が降る季節。
北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。


立冬(りっとう)の時期にお出しするお品は 柿膾。

美しい柿色に熟して、この時期の食べ頃を迎える柿の食感と甘みは日本を代表する秋の味覚といえます。




※二十四節気とは
二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。

 

※暦便覧について
二十四節気の説明の中で引用している「暦便覧」とは、太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版されたものです。