古より伝わる美才豊かな日本人の知恵 二十四節気



大暑来れる前なれば也
梅雨明けが近く、本格的な暑さが始まる頃。集中豪雨のシーズン。
蓮の花が咲き、蝉の合唱が始まる頃である。



小暑(しょうしょ)の時期にお出しするお品は 加茂茄子鴫焼。

賀茂茄子のまったりとした味わいをいっそう美味しく楽しめるように、味わいを引き立てるように練り味噌をつけて芳ばしく焼いた鴫焼きで。




※二十四節気とは
二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。

 

※暦便覧について
二十四節気の説明の中で引用している「暦便覧」とは、太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版されたものです。