古より伝わる美才豊かな日本人の知恵 二十四節気



陽熱至極しまた、日の長さのいたりなるを以て也
一年中で一番昼が長い時期であるが、 日本の大部分は梅雨の時期であり、あまり実感されない。
花しょうぶや紫陽花などの雨の似合う花が咲く季節である。


夏至(げし)の時期にお出しするお品は 鱸のあらい。

目にも涼しく、淡泊な味わいは清々しさを感じさせるこの時期にぴったりの食材。
鱸の身は血合いがほとんどない白身で、すすぎ洗いしたようなきれいな身に由来するとする説もあるほどです。




※二十四節気とは
二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたもので、1年を24等分にし、その区切りに名前をつけたものです。現在でも季節の節目節目に、これを示す言葉として使われています。

 

※暦便覧について
二十四節気の説明の中で引用している「暦便覧」とは、太玄斎の書いた暦の解説書で天明七年(1787)に出版されたものです。